業務用エアコン販売と比べた、エアコンリース契約のメリットについて

業務用エアコン取り扱い会社には、リース・販売(新品・中古)に大きく分かれています。どちらかのみ、もしくは、両方取り扱っています。リース・販売はそれぞれ利点があります。前者は初期費用が少なく済みますが、後者は購入するので初期費用が比較的高くなります。各々用途によって利点はあります。しかし、短期的に使用する場合、又は、初期費用を安く済ませたい場合には、リースの方が良いです。初期費用を安く済ませる以外にも、毎月のリース費用を払えば良いので、大きな金額を自分で賄う必要はありません。借りる費用に応じてその分だけお金を払えば済みます。また、必要経費として処理できるので節税効果があります。動産保険がついて入る事が多いので、万が一何か起きても保険金がおりますので、その点安心です。 資産管理など、複雑な償却計算・財務管理が入りません。この場合には借入ではないので、長期の資金導入と同じ効果を持ちながら、銀行の借り入れ枠に影響を与えません。特別の保証をつければ、故障の際に無料で修理対応してくれます。この様な事が業務用エアコンをリースする際のメリットです。エアコン取り扱い業者はリースが終了したエアコンを修理したりして、自社等で再度中古で販売したりします。販売で購入した場合には、中長期的にはランニングコストが安くなる傾向にはありますが、業務用エアコンのリース契約も様々なメリットがあります。購入よりも優れた部分もあります。