高スペックエアコンである「業務用エアコン」の電気代金の目安について

電気使用の際の基本料金は別途かかります。エアコン、外気温の状況により料金は変化します。冬より夏のほうが外気温との差が少ないので夏の方が料金は安くなる傾向にあります。業務用での場合には単相200V(単相契約)もしくは、3相200V(低圧契約)になります。前者の電気料の目安は1kwh25円程度、後者は1kwh17円程度が目安です。この料金は、電力会社・季節・契約内容によって変わります。現在は原発の停止の影響を受けて、電気料金が高くなったり安くなったり、料金の変動が大きいです。最新版の料金設定を電力会社に確認する必要があります。また、エアコンの性能によって電気料金が大きく違います。最新式の省エネタイプだと、10年前にタイプより、電気料金が56パーセントから63パーセント位安いです。大型より小型の方が省エネ性能が進化している傾向にあります。電気代の目安ですが、基本料金+使用電力によっておおよその目安になります。基本料金は、電力会社とどの契約を取るかでまちまちです。使用電力は先に説明致しました通り、単相の場合には1kwh25円程度、3相の場合には1kwh17円程度です。2馬力で9-13坪・5馬力で23-35坪をカバーします。