会社で使用するエアコン「業務用エアコン」の電気代の計算方法

電気代の計算方法を簡単に言うと、基本料金+使用した電気量+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金+その他で決まります。基本料金+使用した電気量+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金+その他については各電気会社によって決まりますので、一概には言えませんが、似たような料金体系の場合が少なくないです。家庭用エアコンの場合には、単相契約の方が良い場合が多いですが、業務用エアコンの場合には低圧契約の方が良いです。電気会社の一つの東北電力でシミュレーションしてみます。基本料金1242円00銭+使用した電気量(夏季1kWhあたり15円66銭夏季以外1kWhあたり14円23銭)+燃料費調整額(燃料費調整単価×使用電力量(kWh))+再生可能エネルギー発電促進賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価×使用電力量(kWh))+その他(例えば適正な進相用コンデンサ取り付けの場合基本料金の5パーセント引き分)の計算によって業務用エアコンの電気代が算出できます。この場合の契約の低圧電力は、契約電力が50kW未満の場合に適用できるプランです。また、夏季とは7月1日から9月30日までの期間を言います。その他の季節は毎年10月1日から翌年6月30日の事です。契約電力の算定方法は、使用する負荷設備(電気機器)にもとづき、決められます。但し、契約主開閉器により契約定める事を選んだ場合には、契約電力は、契約主開閉器の定格電流にもとづき算定された値になります。業務用エアコンは家庭用エアコンより性能が良いので電気代金が高くなる傾向にあります。業務用の場合には、性能表示が馬力で表示されています。1.5馬力で4.0KW(最大)2馬力5.0KW2.5馬力6.3KW3馬力8.0KW5馬力14.0KWです。家庭用の場合には、6畳2.2KW8畳2.5KWです。この計算は最大KWで計算しているので、実際はこの数値より安くなります。

オススメサイト/工務店向け集客ノウハウ/生命保険の口コミ.COM/生命保険の選び方/女性向けエステ.com/マッサージのリアル口コミ.com/住宅リフォーム総合情報/ショッピングカート/ショッピングカート/心の童話/女性の人生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です